神奈川県小田原市

飯泉三区自治会

Iizumi3-ku Neighborhood Association

カウンター

冬の風景

●貝掛温泉

越後湯沢より車で30分。清津川にかかる貝掛橋を渡って行く秘湯の一軒宿(2018.2.8)


お知らせ

三区便り2月号を掲載しました。

スマホの方はトップ画面右上の ”三” マークをタッチして下さい。メニューが表示されます。

の行事

2月24日(土)

紅沢清掃活動

集合時間  午前9時

集合場所  第3防災倉庫前

 ※参加者に「小田原市指定ゴミ袋10枚入り」を差し上げます。

…………………………………………………

3月の行事

三区の行事以外も紹介

3月 4日(日)

組長会議(H29年度組長出席)と役員会

開始時刻  午後1:30

場  所  飯泉公民館

3月11日(日)

 

第31回小田原報徳マラソン大会 

全国各地から多数の参加者。スタートは小田原アリーナ

3月14日(水)午前11時頃

Jアラート(全国瞬時警報システム)訓練

・テレホンサービス 0120-244-400

・FM小田原 78.7MHz

・防災メール(登録してある方)

・ジェイコム小田原(ケーブルテレビ)データ放送

・テレビ神奈川(TVK)データ放送

・ジェイコム防災情報サービス

・市ホームページ

 

3月18日(日)

自治会総会(新旧組長出席)と引継会

開始時刻  午後1:30

場  所  飯泉公民館

3月29日(水)

いきいき健康事業(工場見学とお花見)

開始時刻  午前9:00

場  所  後日回覧板で連絡します。

 


Records

県内一斉Jアラート(全国瞬時警報システム)訓練

1月31日(水)

皆さん、聞こえましたか? 田中前地区では複数のスピーカーからの音が錯綜し、また、音も小さく何を言っているのか分かりませんでした。ちなみに同時刻に届いたメールで内容は分かりました。以下はメールの内容です。

 

【小田原市防災】国民保護サイレン一斉再生訓練

 

小田原市防災対策課 EMAIL@MMZ.CITY.ODAWARA.KANAGAWA.JP HAMANALYZER.KTAIWORK.JP 経由

11:01 (2 分前)

 

 こちらは、防災おだわらです。

これは、訓練です。これは、訓練です。これから国民保護サイレン音を、放送します。

これは、訓練です。これは、訓練です。これから国民保護サイレン音を、放送します。

※サイレン音は防災行政無線で放送します。

ただいまのサイレン音は、訓練です。

ただいまのサイレン音は、訓練です。

これで、訓練を終了します。

この情報は、1月31日午前11時00分に防災行政無線で放送しました。 

防災研修会

於:豊川小学校

 1月28日(日

●小田原市防災部防災対策課の指導で豊川地区の自治会が「HUG」というゲームを行いました。三区自治会からは自治会長・防災リーダー・避難所運営関係者が出席(5名)。

●HUGってなあに?(以下は静岡県のHPより転載)

 日本は、世界有数の地震国であり、いつどこで大地震が発生しても不思議ではありません。大地震が発生した場合、家屋の倒壊や津波、火災、山・がけ崩れなどにより、被災した多くの人々が避難所での生活を強いられることになります。

 もし、あなたが避難所の運営をしなければならない立場になったとき、最初の段階で殺到する人々や出来事にどう対応すれば良いのでしょうか。

 避難所HUGは、避難所運営を皆で考えるためのひとつのアプローチとして静岡県が開発したものです。避難者の年齢や性別、国籍やそれぞれが抱える事情が書かれたカードを、避難所の体育館や教室に見立てた平面図にどれだけ適切に配置できるか、また避難所で起こる様々な出来事にどう対応していくかを模擬体験するゲームです。

 プレイヤーは、このゲームを通して災害時要援護者への配慮をしながら部屋割りを考え、また炊き出し場や仮設トイレの配置などの生活空間の確保、視察や取材対応といった出来事に対して、思いのままに意見を出しあったり、話し合ったりしながらゲーム感覚で避難所の運営を学ぶことができます。

HUGは、H(hinanzyo避難所)、U(unei運営)、G(gameゲーム)の頭文字を取ったもので、英語で「抱きしめる」という意味です。避難者を優しく受け入れる避難所のイメージと重ね合わせて名付けました。

防災講演会

 1月27日(土

午後1時30分より生涯学習センターけやきで「防災講演会」がありました。講師は熊本県阿蘇郡西原村村議会議員(元西原村税務課長)の 堀田直孝さん。堀田さんは熊本地震がおきたときには村の職員で、避難所の運営責任者として活躍しました。(詳しくは、ネットで「熊本県河原小学校避難所」などのキーワードで検索して調べてみて下さい)

演題が「住民共助による広域避難所運営」でした。広域的に大きな災害が発生すると、救急車も消防車も連絡ができたとしても来ることができない(道路が被災で使えない・所員の人数や車の台数が発生件数に比べて少ない等)。自分や自分の周りで怪我をしたり家等の下敷きになったとしても近所同士で助け合うしかできない。自分たちで何とかすることが必要になってくる。というようなことを基盤としたお話でした。

※録音・撮影が禁止でしたので、写真等ありません。

田中前清掃

 1月27日(土

田中前の清掃活動を行いました。

第2防災倉庫前9:00集合。33名の参加がありました。きれいになりましたヨ。次は、紅沢地区です。

 

 ※参加者には「小田原市指定ゴミ袋10枚入り」を差し上げました。

どんど焼き

 1月13日(土

 午前9時に開始して12頃終了しました。風もあまり吹かず穏やかなどんど焼きの日となりました。小正月の行事のため1月15日に行うところが多いのですが、14日や16日、15日前後の土日に行うという地域もあります。飯泉三区は皆さんの多くが参加できるように土曜日に実施しています。これで、正月も終わります。どんど焼きの火にあたったり、どんど焼きの火で焼いた餅を食べると一年を健康で過ごせると言われています。これで、皆さんもこの一年を健康で幸せに過ごせるでしょう。 ※お客さんは130名くらいでした。

消防出初め式

 1月11日(木)

 1月11日(木)、恒例の「小田原市消防出初式」が城址公園二の丸広場やお堀端通りで行われました。

二の丸広場では、消防行政に功労のあった者に対する表彰の後、市内の保育園児「幼年消防クラブ」による歌と踊り、介護老人保健施設「葵の園」の自衛消防隊(女性職員)による屋内消火栓操法が披露されました。

 お堀端通りでは、はしご車をはじめ各地域の分団車、企業の自衛消防隊車などの車両分列行進に続いて、木遣りにのせて「まとい振り込み」や「はしご乗り」が行われました。最後に「一斉放水」が行われると澄みきった城下町小田原の空に大きな虹がかかりました。

1月1日(月)

賀詞交歓(交換)会

1月1日 新年祝賀式、賀詞交歓会(賀詞交換会)開催。新年祝賀式は八幡神社で、賀詞交換会は飯泉公民館で行われました。飯泉の一区、二区、三区の会長や役員、神社役員等関係者が参加。

写真は、大木会長の挨拶。

※賀詞交換会:新年などに人々が集まって挨拶を交わす会。

どこかで見かけた方もお祝いに来られました。

おまけ 12月17日(日

●日曜日のラジオ体操、頑張っています。写真は「花の広場」の様子です。朝6:30分から始めますが、まだ暗くて出席の”はんこ”を押すときもよく見えない状況です。今日(12月17日)は寒さが若干和らいでいました。日の出6:43、日の入16:30。日の出前からラジオ体操スタートです。皆さんよく頑張っています。今日は14人の参加でした。

紅沢地区防犯パトロール

 12月16日(土

 午後7時に太陽種苗の前に集合し、”こちらは飯泉三区防犯パトロールです…………どちら様も~~~””カチ カチ”という具合に30分ほど見回りました。お騒がせしました。乾燥注意報も出る季節です。どうぞ戸締まりや火の元には十分注意してお過ごし下さい。17名参加しました。

第21回豊川地区グランドゴルフ大会

 12月10日(日

 12月10日(日)、豊川体育協会主催のグランドゴルフ大会が、豊川小学校校庭において行われました。

 6人一組でチーム編成し、20チーム近くが参加しました。三区関係者は、老若男女が若草チーム、みかんちゃんチーム、フィッシャーズチーム、飯泉三区チームとして参加しました。

 飯泉三区チームは女子の自治会役員が中心で、数日前にパークゴルフで腕慣らしをして臨んだ役員もいましたが、相変わらずボールは言うことを聞いてくれず、年相応のスコアでありました。

 優勝した若草チームは、日頃の練習成果をいかんなく発揮し、中でもC班9組の木村さんは、ホールインワンを2度も出し賞品を手にしました。

 日頃体を動かすことの少ない中で、仲間同士声を掛け合い励まし合いながらゲームを進め、楽しい時間を過ごしました。

豊川地区自治会連合会交流パークゴルフ(自治会役員対象)開催

 12月 6日(水

 豊川地区の各自治会のつながりを深め、役員相互の親睦を図ることを目的として、中井中央公園でパークゴルフを行いました。豊川地区全体で25名が参加しました。

 初対面の者が多い中で、パークゴルフが始まりましたが、ホールを重ねるごとに打ち解け、大変和やかなうちにラウンドを終了しました。その後、成田公民館に移り懇親会を行いました。成績発表、自己紹介、各自治会の近況報告などを通じて、役員相互にコミュニケーションを楽しみ交流を深めました。

 今後、自治会活動を進めるうえで大変有益な時間となりました。

飯泉地域内環境浄化活動(クリーン作戦) 9:00~10:00

 12月 3日(日

・集合場所 田中前地区:防災倉庫No.2、紅沢地区:防災倉庫No.3

・参加人数 田中前地区:21名  紅沢地区:13名

田中前地区防犯パトロール

 11月25日(土

田中前地区の防犯パトロールを行いました。 平年並みの気温ということでしたが、立ち止まっているとやはり寒い夜でした。参加者は24名。

 これからは、「強風」や「乾燥」注意報などが出やすい季節です。火の元には十分注意していきましょう。


Archive

1月は「どんど焼き」

 お正月で使った門松やしめ縄などのお正月飾りは、お正月が終わったらどうしていますか?

 

 神様のために用意したものを可燃ごみに出すのは気持ち的に悩むし、かと言ってとっておくというのも違う気がしますよね。

 そのような時は、どんど焼きに持って行ってはいかがでしょうか。

  飯泉三区自治会では毎年1月にどんど焼きを行っています。「どんど焼き」とは小正月(こしょうがつ=1月15日)の行事で、正月の松飾り・注連縄(しめなわ)・書き初めなどを家々から持ち寄り、一箇所に積み上げて燃やすという、日本全国に伝わるお正月の火祭り行事です。飯泉三区のどんど焼きは15日頃の土曜日に行っています。場所は、「花の広場」です。

 どんど焼きの火にあたったり、焼いた団子を食べれば、その1年間健康でいられるなどの言い伝えもあり、無病息災・五穀豊穣(むびょうそくさい・ごこくほうじょう)を祈る民間伝承行事です。

11月23日

「勤労感謝の日」「新嘗祭」

祝詞奏上(のりと そうじょう)

 八幡神社の神主さんが新嘗祭の祝詞(のりと)をあげます 

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

  神社で祈願するときやお祭りをおこなうときには、神さまに玉串という榊(さかき)の枝を捧げます。

玉串は、みずみずしい榊の枝に木綿(ゆう)、紙垂(しで)といわれる麻や紙を取り付けたものです。

 私たちの祖先は遠い昔から、神前に榊を供えてお祭りを行ってきました。

八幡神社の神主さんです。

私たちの自治会が

リサイクルで表彰

 この度、飯泉三区自治会は紙・布類の回収率の向上が評価され、小田原リサイクル事業組合から感謝状を受けました。

 同組合は回収の都度数量管理を行い、一昨年度に比べて昨年度の回収率が多かった自治会を対象に、今年度から表彰を行うことになり、初年度全市252自治会のうち20の自治会が表彰されました。

 常日頃から皆さんが、ごみの分別にご協力いただいている結果と嬉しく思います。今後もごみの減量化とともに、紙・布類の資源化に一層のご協力をお願いいたします。

AED訓練実施

 11月12日(日)午前9時30分から、豊川地域コミュニティ運営協議会主催の「AED体験訓練」が、豊川小学校体育館で行われました。対象は、豊川地区の各自治会役員及びコミュニティ運営協議会会員で、50数名が参加しました。

 消防署員の指導により、傷病者発見からAED操作までの一連の行動について指導いただきました。特に、AED使用の前段となる傷病者発見時の対応の仕方や体位管理・搬送法などは大変参考になりました。

飯泉三区のホームページについて

このサイトでは主に行事の予定や記録をお知らせします。できれば、大きな行事の前には確認していただけると幸いです。

 



 

このサイトのURLです。携帯やスマホなどで活用下さい。

https://iizumi3.jimdo.com/